~ 出がらしすら出ねぇ ~

2008/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



       
にほんブログ村(ドル円)に戻る
今更ながら負けパターンを振り返ってみました。

(1)甘い誘惑にそそのかされて突発的にポジっちゃう。

よくありますね、これは。いわゆるポジポジ病ってやつです。
仕事の休憩中とかによくやっちゃいます。
休憩の短い時間内に「ポジらなきゃ!」って気になっちゃうんですね。
パチンコ中毒だった頃の、「時間があるんだからパチンコ行かなきゃ!」ってのと同じです。
この気持ち、わかる人はわかると思います。
突発的なポジリ禁止機能でもつけて欲しいと思う今日この頃です。

(2)目先の動きに惑わされて焦って決済しちゃう。

スワップで利益をあげようとしてるのに
利益が少しでも出てると決済して安心したくなっちゃうんです。
先週も102.70で作ったAUDのポジションをガマンできずに決済しちゃいました。
それと、それなりに考えてポジってるのに
ポジった瞬間に逆の方向に行ってしまい焦って決済しちゃうパターン。
少ししてレートを確認したら案の定、予想通りの動きをしていたりするわけですよ。
これもまた、突発的な・・・ってやつですね。

(3)損切りのタイミングがおかしい。いや、むしろ、損切りになってない。

上の(2)に通じるところがありますが、こればっかりは精神力じゃどうにもなりません。
損切りポイントに向ってレートが動いてるんじゃないかって錯覚さえしてしまいます。
悪魔のようにタッチだけして戻ってきたりするので被害妄想炸裂です。


とりあえず振り返るのに飽きたんで、ここでひとまとめ。

冷静に振り返ってみると、何か気付きませんか?
そうです。

「わざと負ける」取引しかしていないんですね。
ポジるとそれまでの考えがブレてしまうんですよ。

たしか、FX夫婦舟さんのブログだったかな。
アツイ格言が参考になります。

要は、身の丈にあった取引じゃないと冷静な判断ができないんですね。

ま、ギャンブル的なとらえ方をすれば、
あのアドレナリン吹き出しまくりの取引もまた魅力的なんですけどね。
どっちを取るかです。
スポンサーサイト



       
にほんブログ村(ドル円)に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。